kamatoku3

 創業大正4年の老舗蒲徳さんは、創業当時は結婚式などのお祝い事に縁起物の鯛や梅を模した飾りかまぼこを作りはじめて、今では、お正月に欠かせない伊達巻をはじめとした定番商品から、だだちゃ豆や庄内柿、紅海老など庄内の特産物を使ったこだわりの商品を作り続け「蒲徳さんのかまぼこ」として親しまれています。
 年末は毎年繁忙期ですが、昨年は、ふるさと納税の返礼品用の受注が重なり、大晦日まで大忙しとのこと。アルバイトの高校生たちは、昔ながらの手造りの製法に感嘆しきり。(山形新聞12月30日の記事より)

kamatoku2

 保存料や化学調味料を一切使わない、素材の旨みを引き出す蒲鉾造りはまさに職人芸。見た目の美しさとこだわりの味を堪能したいですね。
→お求めはこちらから