kuromori01

 黒森歌舞伎は、江戸時代中期の享保年間から、黒森地区の日枝神社の祭礼に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、270年以上もの間伝承されてきました。

雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」といわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。

東北二大農村歌舞伎として「冬の黒森、夏の檜枝岐」称されています。

厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月の2日間(15日・17日)に奉納されます。桟敷席では毛布や湯たんぽの提供もしているので興味のある人はぜひ!!

kuromori02