こんにちは、庄内い~ものやです。

山形県鶴岡市にある「旅館琴平荘(こんぴらそう)」。
冬の旅館の閑散期間対策として店主が始めたのが中華そばなんです。
その味が話題を呼び、山形の厳しい冬期間にもかかわらず大行列になるほどの人気!
旅館では冬期間しか食べることができない「幻の中華そば」を
ここ庄内い~ものやで販売することになりました!!

160526
 
早速 、
幻の中華そばを食してみました。

ダシのきいたスープの香りがな~んとも言えません。
うっ、旨いーーーーっ!
醤油味のあっさりスープ ですが、しっかりとコクあって後味が良く、

麺はちぢれ麺でスープと
もからみ、モチモチなのにツルツルと心地よく喉を通ります。

冬しか食べることのできない「
旅館琴平荘の中華そば」。
お勧めの一杯です!!