庄内い~ものや スタッフブログ

『庄内い~ものや』は山形県庄内より「山形のいいもの」をお届けします!

山形県庄内地方~酒田ラーメンのお土産品・山形チップスなどのギフト品・紅花商品など「いいもの」をお届けする「庄内いいものや」からのお得な情報やスタッフからのつぶやきなどを発信して行きます!

こんにちは『庄内い~ものや』です。

先日、TBS『世界ふしぎ発見!』5月16日放送のなかで、中国発祥のラーメンがどうやって日本で広まっていったのか・・・そのルーツを探りに山形県酒田市にある『三日月軒 中町店』が紹介されていました。

大正時代から始まる酒田のラーメンは、「大来軒」「三日月軒」「満月」この3つの系統が酒田のラーメンの伝統を紡ぐ大きな流れとなり、現在に至ります。

酒田ラーメンの特徴
山形県酒田市は、日本でも有数のラーメンのご当地として有名です。
全国でもトップクラスのラーメン消費量を誇る山形県民が愛した、名産品、おみやげとして人気の「酒田のラーメン」。山形県のお土産で贈っても、とても喜ばれるおすすめの一品です。自家製麺のこだわりぬいた麺と、魚介系ダシのすっきり醤油味のスープが特徴的です。
 山形県を含む東北地方では加水率が高く、麺の太さや形にもよりますが、酒田のラーメンはどの店もほぼ40パーセント以上の多加水麺です。多加水麺とは、小麦粉100に対しての水の比率を加水率といいます。加水率30~35パーセントが一般的で、これを超えると多加水麺、下がると低加水麺です。酒田のラーメンは、冬場には50パーセント近くになるお店もあるほどです。加水率の高い、多加水麺はプルプルした中にモチモチ感があるのが最大の特徴です。 お水がおいしいことでも有名な山形県ならではかもしれませんが、自家製麺の美味しさに絶対の自信を持っていることと同時に、とても食べやすく消化が良いことも人気の一つかもしれません。

トビウオダシの効いたさっぱりしたしょうゆ味のスープ。コシのある麺。「酒田市麺類食堂組合」と「酒田のラーメンを考える会」が監修し、人気のラーメン店主たちが何度も試食を重ねて完成させた
『酒田のラーメン』のお土産を当店でも好評販売中です


         『酒田のラーメン』のお取り寄せは
                 ↓
            庄内い~ものや

こんにちは 庄内い~ものやです。

本日、5月1日より livedoor Blog へお引越ししました。

当店は、山形県庄内より庄内の名産品・特産品を中心に山形の『いいもの』をみなさまにご紹介しています。

当店があります山形県酒田市は桜の季節も終わり、新緑のまぶしい季節になりました。
酒田は海 山 川 と自然に恵まれており、ゴールデンウィークは天気にも恵まれるようなので観光地だけではなく、バーベキューをしたり釣りを楽しんだりとレジャーも賑わいそうです

山形県酒田市は実は知る人ぞ知るラーメンどころ。酒田ラーメンの第一印象は、見た目は極めてオーソドックス。変わった具材や派手な演出は一切なし。どちらかと言えば地味…。そんな酒田ラーメンが最近注目されています。なぜなら…美味しいから。
当店では、「酒田市麺類食堂組合」と「酒田のラーメンを考える会」が監修したお土産品『酒田ラーメン』を好評販売中ですトビウオダシの効いたさっぱりしたしょうゆ味のスープ。コシのある麺。人気のラーメン店主たちが何度も試食を重ねて完成させた味です。是非、一度ご賞味いただきたい一品です。

そして、5月より「庄内い~ものや」では庄内地方の昔ながらの“ご飯のおとも”『しょうゆの実』をはじめとした、ハナブサ醤油の商品をご紹介をしています。
ハナブサ醤油の「しょうゆの実」は、「ご飯のお供」「食べる調味料」として、テレビや雑誌などで、たびたび大きく取り上げられてきました。特に「スマステーション」では、『最新ご当地調味料&ご飯の友BEST10』(2010年.10.30 OA)で、堂々ランキング第1位に輝きました。他にも、「王様のブランチ」「スッキリ」「ひるおび」などで紹介されています。
 ハナブサ醤油は、江戸時代の文政六年(1823)創業。以来190年余り続く醤油造りの老舗です。原材料へのこだわり、昔ながらの手間暇かけた、味噌づくり、醤油づくりを続けています。
 「醤油の実」の他にも、ご飯の友として人気の「おかずみそ」は季節ごとの素材を取り入れた12種類のラインナップ。昔ながらの伝統の製法で造られた醤油や味噌の詰め合わせもご用意いたしました。せひご賞味くださいませ。

↑このページのトップヘ